2013年05月17日

のりもの写真のコツ

どうも藤田です〜。

今回ののりものがかりでは「のりものの写真を上手にとるコツ」を紹介しました。

ブログでは写真付きで紹介します!

まずは撮る前に…。

○車を綺麗にしましょう。タイヤが黒光りしてると新車の様に見えます。

○背景も大事。車に合った背景を選びましょう。

○自分も入れましょう。いい思い出になります。

さて、いよいよ撮ります。

カメラは光学ズーム付きのコンデジとか一眼カメラ+望遠レンズがいいです。

スマホだとキビシイ…。

IMAGE003.jpg
こんな感じの普通のコンデジでもO.K。このカメラは効果音が「にゃー」とかになる。関係ないけど…。

IMAGE002.jpg
一番望遠側にしましょう。このカメラは「光学4倍ズーム」なので×4.0までズーム。

で、ホントはもっと望遠にしたいんだけどもこれが限界。

先にズームしてから自分が移動して構図を決めましょう。

実際どうなのか?

まずは近づいて広角側(ズームしない)で撮った場合。
IMAGE000.jpg
遠近感が強調されて形がゆがんだようになります。

カメラに近い部分は大きく。遠い部分は小さく写ります。

まあこれはこれでいいのかもしれませんが。

つづいて望遠(ズーム)で撮った場合。
IMAGE001.jpg
ほぼ同じ方向から車が同じ大きさに写るように撮っています。

遠近感が圧縮されて全体が歪まずに写っていますね。

雑誌などではこういう写真が多いです。

ちょっとすてきな写真に見えませんか?

最近はPCに入れっぱなしの人も多いはず。

写真に撮ったらぜひプリントアウトして飾りましょう!

みなさんも晴れた日にはカメラを持って愛車の写真を撮りにいきましょう!



posted by のりものがかり at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。